スポンサーリンク

4つの財布 事業所得

この記事は約3分で読めます。

会社を作るというと確かにハードルが高そうですが、自分だけのノウハウを深堀して発表するのはどうでしょうか?

それってユーチューバーってことですよね。それが無理ゲーなんだっての。

大事なことは絶対に副収入を得るんだと決めてしまう事です。

そうすることで、今までの日常が全て変わってくるんですよ。

事業所得とは、水道管所得だ

前回、給与所得とは1㎞離れた場所にバケツで水を汲みに行くイメージと言いました。

両手にバケツを持った自分が家から出て、半日歩いて川まで行き、お弁当を食べて水を汲みまた半日かけて家まで帰ってくるようなイメージです。

この場合の「お水を給与」と言い換えてもいいと思います。

コロナウイルスの被害は、道の途中の土砂崩れみたいなものでしょう、歩く道が途切れると川までたどり着けませんから、給与も入ってこなくなる感じです。

それと比べて事業所得は家の中に蛇口があるイメージです。歩いて川まで行かなくても蛇口をひねると水がでます。つまり労働をしなくてもお金が家に入ってくるのをイメージしてもらえばいいかと思います。

ここが運命の分かれ道です。蛇口が家にあることに罪悪感を持たないで下さい。

罪悪感を持てば脳は排除しようとします。

蛇口がある生活は素敵だと素直に感じてください。

ただし、蛇口が生まれつき家にあるような富裕層はいいのですが、我々庶民は、川から家まで水道管を繋げてあげる必要があります。

事業所得が欲しい人は、川に行く際に右手にバケツを持って左手に水道管をもって行くのです。バケツに入れた水は生活費になる水です。そして水道管はノウハウになります。

水道管は毎日少しづつしか繋げられません。しかし、何年もかけて繋いだノウハウは他の人が真似できない本物の事業所得になります。あなたにとっては当たり前のノウハウやコツがある人にとっては非常に役に立つものになります。

昔からこういうノウハウの類は非常に価値があるものでした。その結果、誰も教えたがらないことで車輪の再発明を人類はし続けていたことになります。YouTubeやブログでの広告収入ができたことで、価値のあるノウハウが初めてお金という物に昇華できたのです。

私自身は自分の紡いできたノウハウやシステムを会社というフォーマットに移して事業所得を得ていますが、それができる方はごく一部だと思います。 生まれ変わってもやるかと言われたら即答でNOですね。 とにかく難しくて不安定です。

主にはブログやYouTubeになるとは思いますが、最初から無理だと思わずに一度「いっちょやったるか」と口に出してみて下さい。今まで生きてきたこの世界の景色が変わりますよ。

次はお待ちかねの配当所得について解説しますね

コメント